読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今宵も月が綺麗ですね

なぜ、月は輝くのか。そして、偶像に生身のわたしが「アイラブユー」と思うことについて。

君の声に目を澄ます 濵田崇裕 市場三郎座長インタビュー記事をyomyom

新大久保に向かう黄色い電車に乗っている春を、プレオーダーのお姉さんの曇りのない声で「お名前を二回言ってください」と言われたことにおののきながらも、律儀な発音で名前を発声しながら夢見ている日々です。

 

自担、濵田崇裕の初座長舞台。

「歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋」

 

2月の末あたりから単独インタビュー記事が掲載された雑誌が発売され、私は至極冷静な顔をしつつ、ハートはマッドマックスよろしくな意気込みで本屋さんに駆け込みました。

 

 

毎月、毎月、「君たちはどんな彼がみたいんだい?」と考え抜いた質問とお写真を提供してくださるアイドル誌も非常にありがたいもの。

しかし、

「主役が読み手であるという構造のため、アイドルたちがこちらを喜ばせようとしてくれたことで見えなくなる本質」

「グループで登場するため、グループでの自身ポジショニングが意識された発言により見えなくなる本質」

がアイドル誌にあるのもまた事実。

 

それに比べ、駆け込んで買った舞台誌っていうんでしょうか、「STAGE navi」、「STAGE SQUARE」、「BEST STAGE」の3誌。

<今回の芝居について>というくくりはあるものの、主役が濵田くんのインタビューが掲載されていて、短いテキストの中に私の愛する濵田崇裕(過去ブログ参照(*- -))がみっちり見えて、私はもう走行車の上でギターかき鳴らしました(マッドマックスのあれ的テンションという意)。

 

numadeasobusokohamizuumi.hatenablog.com

 

 

 

『事務所の人に「顔もそこそこ、歌もそこそこなんだから、喋っていかないと生きていけないよ!」と言われて(笑)』(「STAGE SQUARE」より)

 

『(大和三銃士で)藤井さんと太一君のアドリブ合戦に、僕はひとり板の上で呆然としてました…(笑)』(「STAGE SQUARE」より)

 

そんなことないよ!と濵田さんの顔は…(から1時間)、歌は…(からさらに1時間)と、自担に恋する感覚では否定論理ぶちかましたい一方、どセンターの存在感か否かという面からかなり冷静に考える納得する部分もある事務所の人の言葉。

そして、この発言の前の早乙女太一君に圧倒された告白含め、自身の経験について語るこれらの言葉。

 

あぁ、この人は、負けたことのある人だ。そう思いました。

 

ジャニーズで最も重要…とは言わなけれど、かなり多くの場面で必要とされる「顔」「歌」で、そんなことを言われる。

毎日、毎日そこそこと言われた顔でキメて、カメラの前に立つ。

そこそこと言われた歌を歌うところを凝視され、判断される。

酔っぱらって行った会社のカラオケで、明日になればみんな忘れちゃうし、なに歌ったかなんてぼんやりとした印象くらいにしかならないのに、”かわいくないのにこの歌で私いいのか?” ”歌い方キモくない?”とよくわからぬ心の汗をかいている私からすれば、未来を判断する事務所の人のその言葉は重いし、それを耳に入れたあとに笑顔でカメラに向かって笑って、歌うのも相当だ。

 

そして、板の上での圧倒的な敗北感。

私はその舞台を観てはいないけれど、昔からの担当さん達から絶賛されていた大和三銃士。

でも、ただただ事実として存在した濵田さん自身の自分の感情。

 

 

 

でも、インタビューの言葉はこう紡がれる。

 

『感情に沿って素直に動けるように本番前に一度、全部を捨てるというか…』(「STAGE SQUARE」より)

 

『(本読みの独特の緊張した空気に関して)そこで、”コイツ、アホか?”と思われたら勝ちやと思ってます。』(「BEST STAGE」より)

 

負けを抱いて、どうしたらいいのかを思案し、立ち上がり、進む人。

 

あぁ、好きだ。

この濵田崇裕に私は圧倒的なアイドルを感じる。

アイドルとは「偶像」でもあるけれど、この場合「あこがれる人」。

 

 

ほとんどの人は、恋愛で、仕事で必ず負ける。

人生のすべてがどセンターな人間はいない。

だから、転んだら立ち上がらんと…なんですが、転んだら当然いろいろ痛い。

その痛みがとても強そうで、すごく分かる気がするものなんだけど、私には到底できない顔で立ち上がる、濵田崇裕。

 

 

 

『(これからやってみたいことを訊かれ)ふだんの自分は明るい”濵ちゃん”なので、真逆のシリアスな役もやってみたいというのはありますね。』(「STAGE navi」より)

 

濵田崇裕がつくる明るい濵ちゃんは素敵なアイドル(偶像)、明るい濵ちゃんをつくっている濵田崇裕も素敵なアイドル(あこがれる人)。

 

カッコイイ、単純、ただそれだけ。

青い封筒、こいこい