読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今宵も月が綺麗ですね

なぜ、月は輝くのか。そして、偶像に生身のわたしが「アイラブユー」と思うことについて。

小瀧望 真反対のパラレルとしてのMORSE

本日、WESTの小瀧くんが座長を務めた「MORSE」が千穐楽を迎えた。

 

「うちの末っ子が!」とメンバーも、そしてファンたちも、年齢関係なく母親のように見守りたい気持ちが座長公演があると発表された時には爆発していたが、舞台がはじまると【末っ子がかわいい】は公演後の挨拶に対して投げかけられ、感想の内容は、舞台上になにがあったのかということに関してばかりだった。

 

わたしも一度、グローブ座に足を運んだ。

その日から3週間ほど。

あの舞台を咀嚼して感じたことをつらつらと。

 

 

 

 

 

これは昨日、「ピンクとグレー」関連で菅田くんがJUMPの山田くんと中島に関して語った言葉を聞いて思たことであるが、この「本当の自分」、「ファンとつくった自分の偶像」が【愛されて育ってきた男の子、そこではぐくんだ輝きをふりまける子】として、かなり至近距離で運転しているのではないかと思わせるのが小瀧くんである。

 

実のお姉ちゃんの携帯には≪息子≫と登録され、家族でディズニーランドで遊び、「反抗期はなかった」と本人も言い切る。

 

 

その【愛されて育ってきた子、そこではぐくんだ輝きをふりまける子】小瀧くんと、「MORSE」で演じたオスカーはまさに真反対だった。

 

オスカーは、アルコール依存症の母親、同性愛者で自分の嗜好を優先するため家族から離れた父親、複雑な兄弟関係から鬱屈をいじめという形で表してしまうヨンニ、まっとうな弱さでいじめに加担してしまうミッケと、誰にもまっすぐに愛を与えてもらえない子供である。

 

青年なら、そこから逃げてしまえよ!ダッシュ!そこが君の全てじゃない!と10万円くらいポッケにねじこんでるだろう(たとえです)。

でもオスカーは愛のなさを感じるには十分だけれども、逃げる力はない12歳という絶妙な年齢だった。だから、そこでひたすら愛されていない自分を知り尽くすしかないオスカー。逃げろといいたいけれど、10万円じゃすまないし、保護者に通報されたらぐうの音もでない(たとえです)。

 

そのせいか、エリとの出会いと近づきによる日常の変化、先生との関係のはぐくみの中途半端での強制終了、逃げ場であった雑貨店の店主との関係悪化など、トランプのババばかりひいてしまうオスカー。

そこではぐぐんだ輝きがないから、ふりまくどころか、子供がもともと持っていそうなグッドラックをボタボタと放出してしまう。

 

 

あぁ、真反対。

小瀧望と真反対。

 

家族やメンバーに愛されて、グッドラックつかんでジャニーズWESTとして舞台に立つ小瀧くんと真反対。

 

 

私は、たぶん小瀧くんを観るためにチケットを買っていた。

上演されるのが、なんの題目でも郵便局に走ったはず。

なので、全く知らない人がオスカーを演じているのとは違う、小瀧くという造形を観ていることを強く意識して、味わってから、オスカーを観ていた。

ゆえに小瀧くんとオスカーという真反対が同じ肉体を共有している近距離でぎらぎらと反射しあっているのがまぶしかった。

 

 

お話のラスト、オスカーはエリと生きていくことを自分で選んで、街をでる。

ここで、はじめてオスカーは、「愛されないなら、愛す」ことを選択する。

ここまでババを引きまくっているオスカーの旅は決して希望に満ちていなかったけれど、【愛されて育ってきた男の子、そこではぐくんだ輝きをふりまける子】という至近距離の小瀧望が、オスカーの未来を少しだけ明るく照らしている気がした。

小瀧くんが体にため込んだ愛が、日常から離れているはずの舞台の上なのにオスカーを照らしてしまっていた。

 

これは小瀧望にしかだせない希望だった。

 

 

「LET THE RIGHT ONE IN(正しき者を入れよ)」

オスカーの中には正しき小瀧望が入っていた。

 

色々、切なさをかみしめる舞台ではあったけれど、3週間たつと残っているのはその希望だった。

 

 

 

あぁ、これがジャニーズの3次元がどうしても膨らんじゃう感想かとも思っている。

でも役はとは、その人の精神と肉体を通して生まれるものだと思っている。

あぁ、もっとみたい。

TVをみて、ラジオをきいて、雑誌を読んで、パズルをつなげるようにその人の精神と肉体を知りたいと思っている人がやる舞台の膨らみを。

 

 

小瀧君、初座長、おつかれさまでした!